大阪での宿泊先は民泊が一番人気

近年、日本中で外国人観光客をみることが多くなってきましたね。特に京都は日本一外国人観光客が多く平日でも週末でも多くの観光バスでごった返します。しかし大阪は空港があることや近隣の神戸屋奈良にもアクセスしやすいという特徴もあって京都についで外国人観光客が溢れています。そんな大阪での宿泊先は民泊が一番人気だってごぞんじでしたか?民泊はつい最近ようやく法の整備がしっかりなされ、東京や大阪はそんな法律の制限をも回避できる民泊特区なるものも制定されました。特に大阪はほとんど全域が民泊特区に指定されていますので、誰でも簡単に民泊を開始し、またはやめることができます。これは東京が大田区だけ民泊特訓い指定されたことと比べて驚異的であり、背景にはやはり外国人観光客が古都である京都や奈良に一点集中しているといった現状があるのでしょう。京都ではどこのホテルも年中空きがなく、特に高級ホテルは一年sクァ気まで予約でいっぱいだそうです。日本には四季があって特に紅葉の季節には大阪から京都や奈良に向かう電車すら乗れないくらい外国人観光客でいっぱいになってしまいます。そこで政府が考えた苦肉の策が民泊ということなんですね。なぜ苦肉の策なのかは話野菜花でおいおい出てくるとして、大阪の民泊をめぐる現状についてみなさんと情報を共有できればと思っています。


PAGE TOP