大阪では民泊そのものを代行してしまえるんです

前回は大阪での民泊の代行会社の存在について紹介しました。大阪はほぼ全ての区で民泊の特区が指定されていますから、いま何かしら物件をお持ちの方だけでなくまだ物件を探してもいない貴方でも、簡単に民泊オーナーになって収入を得ることが出来ます。このような民泊の特区を受けない地域で民泊を開始しようとすると旅館業や消防法や宅地建物にかんする法律など様々な規制の合間を縫って運営することになります。まず許可をとるために多額の設備投資が必要になります。この頃からすでに民泊の許可取得を指南するような行政書士の存在もありました。かなり専門的な内容であって、資格保持者の私でもちょっと仕事として行う自信がありません。しかし民泊の法律が制定されたことでその取得要件が明確になって行政書士の手を借りずとも自分たちで申請できる程度になりました。さらに大阪では民泊の特区が幅広く指定されていますので、要件はもっと単純で明確になっています。しかしまだまだ一般市民には難解な言い回しがあって理解しにくかったり、何度も役所に足を運んで複数の書類を作成することにかわりはありません。そこで出てきたのが経験を積んだ民泊代行会社というわけです。彼らは往々にして民泊の経営許可取得が難しかったころから民泊を運営していますから、徐々に簡単になっていく許可要件を尻目に他人を手伝う余裕が出てきたわけです。それが、日本政府の民泊物件をもっと増やしたい意向と合致したということですね。


PAGE TOP