これから大阪の民泊はどうなっていくか

これから大阪の民泊はどのような方向に進んで行くのでしょうか。世界中から注目を集めている大阪の民泊で収益のモデルケースを考えて見ましょう。すでに大阪の民泊に使える多くの既存物件はオーナーが決まっていたり修繕や改装中であったり、民泊の代行会社が検索したりしています。しかし狙い目なのはこれから新築される物件です。いかに日本の文化を体験したい訪日外国人観光客といえども色んな趣味の人間がいるわけですから、古い物件よりも新しい物件を好む場合も多いです。しかしみんなに共通していることはホテルのようなフルサービスの体験ではありません。古き良き日本を体験できるような物件であれば年代は問わないというのがその本音であり、古臭いか新築であるかはほとんど問題になりません。ということはオーナーが民泊をやめても自分が住んだり売却できるような内容の物件を建設してしまえば、大阪で民泊をするにしても自分で住むにしても売却するにしても安泰である、といえます。このような動きお俯瞰でみるとどうでしょう。ただ単純に経済活動が活発になっていっているようい見えますね。事実このような動きを予想して日本は新法を施行させ、大阪に民泊特区を設定しました。当然、民泊は活発化して訪日外国人観光客は喜び、民泊を代行してくれる会社も増えます。このように経済がどんどんまわっていくわけですね。そうなると物件の価格もあがるので期せずしてキャピタルゲインを狙える環境に身をおくことにもなります。これからの日本経済は大阪の民泊がその動向を握っていると考えててよさそうです。


PAGE TOP