大阪が東京よりも民泊に向いている訳

大阪はは民泊い非常に向いていると世界各国から注目を集めている大都市の1つです。たしかに世界中どこを見渡しても国ぐるみで法律を制定してまで民泊にそなえようとしている国は他にありません。さらに言えば、この民泊の大ブームの最中において世界最大のイベントであるオリンピックやカジノのオープンを間近に控え、世界中から注視されている国は日本だけなんです。これだけでも民泊をはじめるのに十分な理由ですし、稼ぐことができるであろう大きな根拠です。他に何もお話することがないくらいです。しかも大阪には東京を超える数の民泊代行会社が存在しており、物件の数でいえば東京より少ないのです。それなのに訪日外国人観光客の希望する観光地はといえば相変わらず京都や奈良の寺めぐり、大阪のユニバーサルスタジオジャパンです。私は民泊を強く推進するい立場の人間として、このような状況に強く危機感を感じています。せっかく国が民泊特区を大阪に制定し、カジノ特区も決まりそうな上、旅館業法の規制を緩めるような民泊新法をも作ろうとしているのですからこのチャンスをみすみす逃すべきではありません。東京は不動産価格が大阪の倍しますから新規で民泊を開始しようにも高額なお金が必要です。その点においても大阪は東京よりも民泊をはじめやすいといえるでしょう。


PAGE TOP