いま大阪で最も熱い副業は民泊です

このように考えると、では不動産賃貸とどちらが良いのでしょうか、といった質問が多数くることになります。そこであらかじめこの点について考察してみたいと思います。民泊はお客をとって宿泊さえ手料金をもらう点で考えれば旅館業だといえますが、もっと大きな枠で考えれば一種の不動産業だと考えることも出来ます。オーナーは取得した物件を自由に使うことができますから自分で使うかわりにお金をとって他人に使わせるのです。つまりまた貸しですね。このような業法を解禁して合法にしたのが民泊新法と民泊特区です。つまり旅館業と不動産業の高い障壁を壊して簡単に参入と撤退ができるようになっているのです。一般的な不動産業の形態はというと、月単位の長期賃貸が普通ですよね。このような長期しかも契約が難解であるとなれば外国人が観光のために宿泊することなどできるはずもありません。また旅館業のように消防法などによって設備にかなりの障壁があれば許可の取得にかなりの投資が必要です。そこまでして旅館をはじめたい人はなかなかいませんよね。そこで民泊です。規制緩和によって2泊以上の宿泊でお客を有料で宿泊させることが可能になりました。また特区にある物件は消防法よりも民泊の条件が優先されますから高額な消防設備などの常設は不要です。つまり、通常自分が使用するのと同じ程度の投資にて民泊がはじめられるわけです。


PAGE TOP