世界の民泊と大阪の民泊に徹底比較2

さらにもう一つ、大阪で民泊を始める、民泊が世界一あついと断言できるのに大きな理由があります。それは遂にカジノが建設されるから、ということですね。カジノといってもカジノだけが存在するのではなくIRつまり統合型のレジャー施設ということです。映画館やショッピンモールやホテルがあって、その中の1つにカジノがあるということです。シンガポールなどカジノで莫大な収益をあげて潤っている国を見習ってということですね。カジノを見込んでやってくる外国人の観光客もたくさんいます。もちろん日本人の観光客も日本中からやってくるでしょう。このような全ても観光客をカジノ付近のホテルに全員収容できるわけがありません。その証拠にシンガポールをみてください。観光客の実に8割がカジノを経験するにもかかわらず国内のほぼ全ての宿泊施設で稼働リル9割を上回っています。それだけ宿泊施設が観光客の数に比べて少ない、ということです。日本は幸いにもまだまだ民泊物件を準備する時間的余裕もありますし、その運営を自分ですべてを行う必要もありません。代行会社が非常に真価してきているからですね。私はフルサービスの代行をお願いするつもりですが、もしも時間的に余裕のある民泊オーナーさんでしたら鍵の受け渡しや清掃のみ、といった部分的な民泊代行サービスをお願いすることももちろん可能す。このようなフレキシブルなサービスの体型は他の国ではなかなか見つけることが出来ません。大阪の民泊ならではの特徴はその代行にあるといっても過言ではないでしょう。


PAGE TOP