民泊の代行サービスの内容や価格について 大阪2

このような民泊代行サービスをフルサービスとしてお願いした時の価格をずばりご紹介します。大阪では色々と変動があってまだ確定はしていませんが、だいたい18パーセントから25パーセントの間です。これはお客さんが2泊した時の宿泊費からこじょパーセンテージを運営代行サービスの費用としてひかれるということです。この他に清掃費という名目で3千円ほど徴収されるいことっが一般的ですこの点について利用者が納得いかない部分で苦情というか改善の要求が多くまだまだ変化していくと思われる部分です。そもそお20パーセントほどのフィーをとっているのだからその範囲で全部してくれというのが言い分で、これはまったくそのとおりだと思います。しかしまだ清掃費を別で取る会社が多いのが事実です。さて、他にも気づいたことはありませんか?なぜ私が2泊の料金で計算したのか不思議に感じた方もいらっしゃることでしょう。そうです、これが民泊特区として優遇されるための条件の1つなのですね。つまり、顧客に2泊以上させることで民泊特区の民泊として認められ、その税金などで優遇される上にそもそもその宿泊が民泊特区の宿泊として合法になるのです。これを1泊で宿泊させてしまうと税金が高くなるだけでなく旅館業など他の法律に抵触してしまうことになるので注意が必要です。大阪では民泊がしやすく代行サービスも充実していて安いです。


PAGE TOP