民泊に興味をもつ全ての方へ

ここ数年、民泊の文字が新聞やニュースの出ない日はありませんね。また、日本の経済不安や人口減少などによる年金の支給不安などから副業としてもその魅力が大々的に報じられるようになってきています。民泊はたしかに物件のオーナーに素晴らしい利益と異文化交流の経験を与えてくれますし、それによって税収が増えて間接的に国も潤うことになります。その効果を見越して日本政府は民泊特区なるものを制定して誰にでも民泊を始められやすくし、特区の指定からはずれてしまった地域をも補助する形で民泊新法をわざわざ国会で成立させました。ご存知のように法律はそんなに簡単に制定できるものではありませんし、国会の審議にも時間がかかります。ましてやここはなんでも速度の遅い日本ですから、なおさらです。それでも民泊新法や民泊特区がこれだけ早く施行されたのには理由があります。そしてそれはそのまま私達が今すぐ民泊を始める理由の最も大きなものの1つになります。何より日本政府にとって大きかった事件は日本にてオリンピックが決まったことです。その次にカジノ法の成立です。どちらも主に訪日外国人を増やして経済を活性化させる効果が非常に高いものです。ほうっておいても何兆円もの経済効果がありますが、景気の低迷している日本を政府はさらになんとかしたいのです。民泊新法や民泊特区で盛り上がっていく大阪の民泊、さらに民泊の代行会社を利用することで気軽におはじめられます。次回からその魅力を見ていきましょう。


PAGE TOP