民泊を大阪で始める理由はたくさんある

大阪ではオリンピックやカジノのオープンを控えて投資が加熱しつつあります。これまで何十年にもわたってオリンピックが開かれてきましたが、開催国が儲からなかった例は一度もありません。さらに日本は2回めですから尚更です。当時の盛り上がりを覚えている世代がこの民泊新法を強く推進したとも聞かれます。いずれにせよ、大阪は東京では少ない民泊特区の指定を府内のほの全域で取得しているわけです。そして訪日外国人観光客が大挙してやってくることは目に見えている、今が民泊のはじめどきなんです。さらにいえば、大阪には前述のように経験豊富な民泊の運営を代行してくれる会社がたくさん存在しています。これまで法律が苦手で民泊を控えていた物件オーナーや経営が考えていたよりも難しいから撤退を考えているオーナーまで手厚く代行してくれます。また、民泊新法の施行を機にして民泊を辞めてしまった物件も多数あります。新法に適応できない物件であることや、改装の費用が高額だということも大きいですが、そのおかげで新規参入しやすくなりましたし、何よりつい最近まで民泊物件として運営していた有料物件を居抜きで購入しやすくなっています。民泊代行会社はこのような物件の情報をたくさん持っていますので検索ついでに代行会社を訪ねてみてください。


PAGE TOP